アンダーヘアの処理、誰か教えて!

アンダーヘアの処理で困ってませんか?

 

アンダーヘアをお手入れしなきゃと思いつつ、どのようにアンダーヘアを処理していいのか。。。

 

分からない事だらけで、なにもできずに終わってしまう。。。

 

アンダーヘアの処理をあまりした事がない方、初めてアンダーヘアを処理する方に、よくある悩みですよね。

 

 

このサイトでは、V、I、O、それぞれのデリケートゾーンについて、どのようにアンダーヘアを処理すればいいのかをご紹介していきます。

 

また、アンダーヘアの生え方、濃さ、毛の硬さなどからタイプを分けて、

 

各々のタイプに合わせて、どういったアンダーへアの処理をすればいいのかをご説明します。

 

 

 

「アンダーヘアの処理、どうすればいいのか分からない!」なんて悩みは、きっと解消されるハズです!

 

 

 

まずは目立つVラインの処理から

まずは、デリケートゾーンの中でいちばん目立つVラインから処理してくといいですよ。

 

また、VラインはIラインやOラインと違って、自分の目でしっかりと確認しながら処理できるので、簡単にお手入れできる部分でもあります。

 

 

さて、アンダーヘアをカットして処理する場合は、形も大切ですが、最も重要なのは長さです。

 

いくら処理をしても長すぎればハミ出てしまいますし、かと言って、カットしすぎてしまうと不自然になってしまいますし、下着から突き出てしまいます。

 

毛の長さがバラけているのもみっともないので、まずは理想の長さというのをきちんと知っておきましょう。

 

 

毛は人によって濃さや太さが違いますし、着用する下着や水着の形も違うので、一概に何cmじゃなくてはいけないということはないのですが、

 

一般的には3cmぐらいが最も自然な長さになります。

 

3cmなら長すぎず、短すぎずという長さですし、性器もきちんと隠れるので違和感もなく、またハミ出ることも防げます。

 

これより長いと「剛毛」の印象が強まります。これより短いとチクチクして不快だったり、男性には「やりすぎ」に映り引かれることが多いです。

 

 

カットする時の注意点は?

ただし、ここで気をつけたいのは、すべてを同じ長さに切り揃えないようにするということです。

 

アンダーヘアはVラインの形にそって凹凸があるので、同じ長さにしてしまうとビキニラインに近い部分がハミ出てしまうことがあります。

 

 

理想的なのは、ビキニラインに近い部分は短く、性器に近い部分は長くというカットです。

 

ですので、性器の部分は3cmぐらいを目安にして、そこから外側に向かって少しずつ短くなっていくようにカットしましょう。

 

このように長さにグラデーションをつけるようにすれば、いかにも処理をしましたというような形にならず、自然なスタイルに仕上がります。

 

アンダーヘア処理方法 比較表

お手入方法

仕上り


ダメージ

コスト

詳細

ハイパ
スキン脱毛

光脱毛

ヒートカツタ-

スリムアップ脱毛

除毛
クリーム

 

 

人気のアンダーヘアの形はコレ!

長さの次は、今度はアンダーヘアの形です。

 

ヌード写真集などでアンダーヘアのデザインが話題になり、一般女性の間でも、単にアンダーヘア処理をするのではなく好きな形に整えるスタイルが人気になってきました。

 

まだ広く知られていませんが、アンダーヘアの形には実にいろんなタイプがあります。

 

細かく分けてしまうとキリがないのですが、スタンダードなものだと、ナチュラル、トライアングル、オーバル、スクエア、ハイジニーナの5種類に分けられます。

 

 

ナチュラルというのは、名前の通り一番自然なスタイルに整えたもののことを言います。

 

自分のアンダーヘアの形を少し整えることによって、ビキニラインからはみ出るムダ毛だけを処理するのです。

 

長さを短くするかしないかもその人の好みなので、カットしたくないという場合には残すこともできますから、抵抗なくできるタイプだと思います。

 

 

きちんと整えたいけど、やりすぎは嫌という方に人気なのがトライアングルタイプです。

 

V字ラインと上の部分を処理して、逆三角形に整えるタイプなので、綺麗に見えるけど違和感のないスタイルが完成します。

 

トライアングルの大きさによって見た目の印象も変わりますが、小さくすれば極小のビキニや下着でもムダ毛を気にせず履きこなせます。

 

 

脱毛エステサロンで特にクエストの多い形を3種類ご紹介します。

 

1番人気 逆三角形トライアングル型(小)

エステにVIO脱毛を受けにきた女性から、一番多く依頼されるアンダーヘアの形が「逆三角形トライアングル型」だそうです。

 

このトライアングル型に関しては、現在生えている形をベースに、長さを揃える事を行います。Vラインを少しカットしてトライアングルゾーンの三角形から、更に一回り小さな三角形を作るイメージになります。

 

小さ目のトライアングルが年齢問わず多くの女性に人気だそうです。

 

この逆三角形トライアングル型のアンダーヘアの形が人気である一番の理由は何と言ってもナチュラルに自然に見えるところ。

 

プールの着替えや温泉でも周囲の目線が気に掛かりませんし極めて自然に思われます。

 

ナチュラルなので男性からも好印象です。

 

アンダーヘアの形や長さを何も処理してないボーボーの状態と比べると、格段に清潔感があります見た目も好印象なのは言うまでもありません。

 

 

2番目人気 卵型(オーバル型)

次に人気があるアンダーヘアの形は「卵型(オーバル形)」です。

 

見た目がキュートで且つソフトな印象が特徴です。男性も受容れやすいと言われてます。

 

水泳や銭湯での着替えの場でもとりわけアバンギャルドな印象は持たれないはずです。

 

アンダーヘアの形を自力で卵型に調える場合には剃り過ぎに注意が必要です。

 

丸い形にアンダーヘアを整えていくうちに、少しずつジワジワと円が小振りになってしまって、ふんわりとした卵型を期待していたハズが、

 

出来上がりは小さな小さな円に陥ってしまったり、失敗談は絶えません。

 

アンダーヘアの形を円に整える事は想像以上に難しくて根気が必要になります。

 

アンダーヘアの形のうち卵型は割と自然な印象を与えるので脱毛エステなどでも人気の形になりますが、

 

自宅で一人でお手入れする際は本当に気をつけましょう。

 

 

3番目人気 トライアングル型(大)

3番目に人気のアンダーヘアの形は大き目のトライアングル型。

 

やっぱり水着などのVラインにちょうど良い三角形は自分でも整え易く、温泉やプールの着替えで裸になる時でもトライアングルなら周りの目も気にならないです。

 

それに、自然な形でパっと見てカットしてるかどうか分からないので初めてアンダーヘアの形を整えようとしてる女性に人気が高くなっていますね。

 

小さいトライアングル型はやり過ぎな気がして、二の足を踏んでしまう女性にオススメの形だと思います♪

 

自己処理って面倒くさいんです

アンダーヘアの処理は、自己処理ならいつでも好きな時に出来るので予約の手間もありませんし、通う必要もないので時短にもなります。

 

もちろん費用もリーズナブルなので、良いことづくめのように感じる方もいるかもしれませんが、

 

自己処理にはデメリットもたくさんあります。

 

 

毛抜きでの処理は、剃る方法よりもムダ毛が生えてくるサイクルが長いので、その分頻繁に処理をする必要はありません。

 

その代わり毛量にもよりますが、1本1本をできるだけダメージのないように抜いていくとかなりの時間がかかってしまいます。

 

もちろん、いくら丁寧に処理をしたとしても、毛抜きによる毛穴への負担は大きいので、それなりにトラブルが起こってしまうリスクもあります。

 

毛穴に負担がかかって炎症が起きることもありますし、雑菌が入り込んでしまって毛嚢炎になることもあるので、仕上がりも綺麗とは言えません。

 

 

カミソリやシェーバーでの処理は手軽ですし、時間もかかりませんが、毛根部分は残ったままなのですぐに生えてきてしまいます。

 

そのため1週間ぐらい経つと、ぽつぽつと毛穴が黒ずみ始めますし、カットされた部分が尖っているのでちくちくしてかゆみなどが引き起こされます。

 

 

肌の表面を削るので、乾燥肌になってしまったり色素沈着が起こったりすることもあります。

 

見た目的にも毛穴が目立ってしまうので、つるつるすべすべの状態にはなりません。

 

つまり、自己処理では手軽でリーズナブルというメリットは得られても、自分が求める仕上がりを得ることはできないですし、逆に汚くなってしまうリスクの方が高いのです。

 

自己処理とプロにお任せ、どちらの方法を取りますか?

ともあれ、衛生面を考えると医学的にもアンダーヘアの処理は実施すべきですので、まだお手入れの経験がない方は検討することをオススメします。

 

アンダーヘア 処理

 

アンダーヘアの処理は2択しかありません。「自己処理」か「プロに任せる」かです。

 

大きく分けるとこの2択になります。

 

そして、安全面と失敗が無いという点から言うと、断然「プロに任せる」方が良いのは皆さんがご存知の通りです。

 

 

ワキや手足であれば自己処理で問題ありません。ですが、アンダーヘアは女性の身体の中で一番デリケートな部分です。

 

方法を誤ればあっという間に肌トラブルとなります。

 

ご自分でアンダーヘアを処理して病院に行くことになる女性は毎年本当に大勢いらっしゃいます。特に金銭的に余裕の無い10代、20代の若い女性に多いです。

 

 

お金を気にするあまり自己処理に走って、結局は病院で高い治療費を払うくらいなら、脱毛エステサロンのキャンペーンを上手く活用することを強くオススメします。

 

ご存知の通り、最近では脱毛エステの料金が価格破壊といっていいほど安くなっています。

 

これは、脱毛エステに抵抗のあるエステ初心者に一度脱毛を体験してもらって、効果に満足してもらい、会員になってもらいたいからですが、利用者である私達にとっては願っても無いことです。

 

 

キャンペーン価格でも、ちゃんとプロのエステティシャンが脱毛施術してくれます。お店の会員になってもらいたい訳ですから、キャンペーンであっても当然プロが脱毛してくれますし、勿論アフターケアも手厚いです

 

アンダーヘアの処理は「自己処理」か「プロに任せる」かしかありません。

 

そして、安全面と失敗が無いという点、そしてコストパフォーマンスから見ても、断然、プロにお願いする方が良いです。強くオススメします。

 

 

 

 

エステでアンダーヘアを理想の形にしてもらおう!

 

「深イイ話」で紹介されたエステサロン、ディオーネをご存知ですか?痛みがないので3歳のお子様でも脱毛できるということで、放送後は大反響でした。ディオーネではアンダーヘアを貴女が望む形に整えてくれます。WEB予約すると、施術の前にカウンセリングを行います。そのカウンセリングで、希望のアンダーヘアの形と長さを伝えれば、貴女が望む形に仕上げてくれます。理想のアンダーヘアになった自分の姿を想像するとウキウキしちゃいますよね♪

 

 

10匹のコブタちゃんヤセガマンしないTVで紹介された脱毛エステDione

 

 

自分の理想とする仕上がりを求めるなら、サロンやクリニックでプロの施術をしてもらうのが一番の近道。失敗するリスクよりも、コストを掛けて仕上がりと安全を選ぶ女性は多いです。通ったり予約の手間がかかると感じるかもしれませんが、施術時間は短いので、トータル的には自己処理よりも時短になります。多少の費用はかかっても肌への負担は少ないですし、アフターケアも完璧にしてくれますから、毛穴レスで美しい仕上がりにもなるのでサロンやクリニックを選ぶ20代、30代の女性は多いです。

 

 

デリケートゾーンの脱毛に定評があるエステ5社

 

アンダーヘア処理 ディオーネ

アンダーヘア処理 ディオーネ

 

 

痛くない脱毛が特徴!

 

TV「深イイ話」「10匹のコブタちゃん」で紹介
子供でも脱毛できるほど痛みが無い脱毛エステとして話題になってます。

 

今なら体験価格で、5,400円

 


 

 

 

 

アンダーヘア処理 エピレ

アンダーヘア処理 エピレ

 

 

 

きっかり2回でスベスベ!

 

きっかり2回でスベスベになるように施術します!
全額返金保証つきなので、想像してた仕上がりと違っても損しません。
もしもの為のドクターサポート付き

 

 

はじめて割だと、6,000円(通常の79%OFF)

 


 

 

 

 

アンダーヘア処理 ミュゼ

アンダーヘア処理 ミュゼ

 

 

両ワキ+Vラインが100円!!

 

WEB予約限定は12/31まで!
100円のお試しコースでも、ちゃんとプロのエステティシャンが脱毛してくれます!

 

初回料金だけで何回でも脱毛OK
今だけ100円

 


 

 

 

 

 

2015年度オリコン顧客満足度ランキング1位
TBCの脱毛は短期間でスピーディー!
初めての方は今だけ、6,000円

 


 

 

同じ金額払うなら、いっそ全身脱毛!
全身53パーツが、たったの45分で脱毛完了!
今なら、初月0円

 


 

 

そもそもアンダーヘアって処理すべきなの?

アンダーヘアは、例えば下着からはみ出していたとしても、普通であれば人から見えることはありません。水着を着るのであれば、デザインやアンダーヘアの量によってははみ出てしまいますし、もちろん人にも見えてしまうので処理する必要があると言えます。

 

ですが、水着は毎日着るものではありませんし、着たとしてもワンシーズンに数回というのが一般的ですから、はみ出る部分をカットして終わりという方も少なくありません。

 

いずれにしても、アンダーヘアを処理するかどうかは、人それぞれのムダ毛に対する感覚の違いによるところが大きいと言えます。いくら、するべきと言っても、自分が気にしないというのであれば処理はしないでしょう。ムダ毛は人から見えるから処理をする、というのが基本なので、こういった点から考えると処理の必要はありません。

 

しかし衛生面などから考えると処理すべきものです。

 

 

アンダーヘアの処理って衛生面では必要だった!

アンダーヘア

アンダーヘアの処理は視覚的なことだけではなく、衛生面から考えてもお手入れをすべきと言えるのです。VIOラインのムダ毛は性器を守る役割を持っていると言われますが、これは昔の話であって、現代では下着がその役割をしてくれています。

 

つまり、性器への刺激や異物の侵入などは下着が防いでくれるので、アンダーヘアというのは特に必要がないのです。

 

逆にムダ毛は汚れなどが残りやすく、そのままの状態でいると蒸れたりして雑菌が繁殖し、感染症や臭いの原因となってしまうことがあります。いくらお風呂で清潔にしているといっても、VIOラインのムダ毛は密閉された状態の方が長いのですから、常に雑菌が存在した状態になっているのです。そのため、臭いが発生したり、かゆみが起きたりするなど、アンダーのトラブルが引き起こされやすくなってしまうのですね。

 

アンダーヘアを処理すれば、蒸れる環境が改善されるので、菌の繁殖を防いで臭いやかゆみなどに悩まされることはありません。処理しない状態よりも確実に清潔に保てるので、はみ出るから、人に見られると恥ずかしいから、というだけではなく、衛生面から見ても処理をすべきと言えるのです。

 

 

良く読まれている記事

アンダーヘアの処理に定評があるエステ・サロン
海外のアンダーヘアの処理はこんなに先進的!
アンダーヘアの処理について男性はこう思ってる