ケアしても再び生えてくるアンダーヘアって何者!?

アンダーヘア

 

アンダーヘアというのは、ヒートカッターでカットしてもシェーバーで処理しても、何度でも生えてくる女性を悩ます厄介者ですよね。抜いても剃っても再び生えてきてしまうのは、皮膚の下に体毛の赤ちゃんが沢山隠れているからです。

 

私達の目にに見えている体毛というのは全体の約30%しかなくて、残り70%は皮膚の下で待っているような状態です。つまり、カラダの表面にある毛は全体毛の一部でしかないので、お気に入りの水着を着るために完璧にVラインをお手入れしたとしても(ハミ毛が1本もなく、カットした後のブツブツも一切ないぐらいスキンケアできたとしても)、隠れていた毛の赤ちゃんが成長して、数日後には、またムダ毛が目につき始めるワケです。アンダーヘアを処理しても直ぐに無駄毛が生えてくるのは、この仕組みが原因なのです。

 

 

 

 

 

ヒトの体毛はこうやって作られる

ところで、私たち人間の体毛の全てには毛周期というサイクルがあります。ヒトの毛は「生える→成長する(伸びる)→抜ける→しばらく休む→再び生える」というサイクルを繰り返しています。この生えてから抜けるまでの一連のサイクルは、体毛の1本1本にある毛根組織によって行われています。それはデリケートゾーンも同様です。

 

ちなみに、毛根組織は、毛球部、毛乳頭、毛母細胞、毛包の4つの組織から成り立っています。ヒトの体毛は成長期に入ると、まず初めに毛乳頭が毛細血管から栄養素などを取り込んで毛母細胞へと送り込みます。そして毛母細胞はこの栄養を元に細胞分裂を繰り返して毛球を作りだします。

 

毛乳頭や毛母細胞などが存在しているのが毛球部になり、この中でどんどん細胞分裂が繰り返され、毛が形作られていき、成長を促進して表皮へと伸びていきます。毛包は毛の生成を行う組織を取り囲んで守っている組織になり、表皮の内側にあるこれらの総称を毛根といいます。

 

毛根から生えた毛は、やがて毛穴を通って表皮へと出ていきますが、これが毛幹といって、いわゆる体毛となるわけです。

 

アンダーヘアが抜けてから生えるまでの周期ってどれくらいなの?

ヒトの毛は成長期が終わると退行期に移ります。アンダーヘアも例外ではありません。退行期に入ると細胞分裂が衰え始めるため、毛乳頭が取り込む栄養の量も減少していき、最終的には毛母細胞に栄養が送られなくなります。そうして、毛球部はどんどん小さくなっていきます。完全に細胞分裂が止まると、毛球部が肌から切り離されて毛は抜け落ちていきます。そして休止期に入ります。

 

しかしながら、暫くすると毛根組織は再び成長期を迎えるための準備を始めます。この繰り返しがアンダーヘアが生えてくる周期になります。そして、この周期には個人差があります。しかしながら大学などの研究から、ヒトの毛周期は一般的には約2ヶ月から3ヶ月になるそうです。

毛周期を考えたとき、最適な脱毛のペースは?

アンダーヘアの毛周期を考えた場合、どの程度のペースで脱毛すれば良いのか迷いますよね。毛周期は個人差があるので一概には言えませんが、アンダーヘアはおよそ2ヶ月〜3ヶ月で生え変わると言われています。

 

そして、脱毛は体の表面に出ている成長後期の毛に対して効果が高いと言われてます。なので、効率良く脱毛して少ない回数で済ませたい場合は、アンダーヘアが生え変わるサイクルに合わせる必要があるので、2ヶ月〜3ヶ月に1回の脱毛施術が最適ということになります。

 

そして、何回の脱毛でキレイになるのかは、これも個人差がありますが、アンダーヘアの処理になると大体6回のvio脱毛施術が必要となります。そうすると、2ヶ月に1回のペースの場合は2ヶ月×6回=12ヵ月となります。

 

夏に向けたvラインの脱毛を冬場から始めるのは、vioライン周りのアンダーヘアを完全にキレイにするには上記のように長期戦になるからです。無駄毛や毛穴レスの美しいお肌を目指すには、一朝一夕ではいかないものなのですね。そんな訳で、早い段階で脱毛を薦められるわけです。

 

ある程度の年齢を迎えたときに、デリケートゾーンが自己処理不要なほどスベスベに変わっているのがお肌の美容面でも理に適っています。 自己処理が要らなくなると、お肌はツルツルで毛穴の大部分が目に付かなくなりますから自信満々で肌を見せられるので、できる限り早めに脱毛サロンに通うことが大切です。

 

イベントの為に脱毛する場合は、3〜4週間前から開始するべし

「8月に沖縄旅行になったからその時までにvioラインのムダ毛を処理したい」
「12月の結婚式に向けて、アンダーヘアを処理して綺麗な状態で迎えたい」

 

このような、何らかのイベントを持つので脱毛しておきたいといったケースは1度処理してさえいれば何はさておきイベント当日をキレイなvioで迎えられます。

 

レーザー脱毛や光脱毛は施術して2週間辺りで毛がスルっと抜けてきます。vioラインの処理が必要なイベントが控えてる場合は、そのイベントの3週間から1ヶ月前くらいの日に予約を取って脱毛してもらえばOKです。

 

数日後に突然イベントが入ってきた場合は、脱毛エステだと間に合わないませんので、オススメなのはブラジリアンワックスなどの脱毛クリームです。これだと即日にキレイになります。但し一時的にアンダーヘアを処理しただけですので数日経つとまた生えてきます。なので、ずっとキレイにしておきたいなら、やっぱりエステで脱毛するしかありません。

 

 

毛周期から言えば、脱毛に最適なのは夏より秋冬

大多数の女性は夏のイベントのためにアンダーヘアを処理するかと思いますが、これまで説明した様にvio脱毛の完了までには長期戦となります。なので夏になって通えばいいかと考えているとイベントに間に合いません。

 

特にミュゼやエピレ、TBCなどCMなど沢山だしている有名な脱毛エステだと、夏の真っただ中は予約客がドっと増えるので予約が3、4ヶ月先まで不可能というケースも有り得ます。夏場は本当にエステの予約が取り辛くなるのです。

 

しかも、アンダーヘアの脱毛日の前後は日焼け厳禁なので、7月8月に無理して脱毛サロンに通うぐらいなら、秋から春の終わりまでで済ませておきたいところです。10月から5月までの秋〜春先のクールな季節はどの脱毛エステも夏にくらべると断然に予約が取りやすくなるので、この時期に頑張って通えば最高のの状態で夏のバカンスを過ごすことができます。

 

寒いの嫌いと駄々をこねて通わないで居ると、あっという間に暖かい季節を迎えて、その挙句に予約が取れないままズルズルと進み、結局回数を消化できずに資金をムダにして、且つアンダーヘアも処理できないという悲しい結果になりかねません。

 

そういった部分を踏まえて脱毛の日程表をたてていくことが必要ではないでしょうか。 脱毛エステでvioラインのムダ毛をスッキリさせるには時間がかかる、と言うことを認識して頭に入れておかないと予定していたイベントに間に合せられなかったなんていう風に悔しい思いをする恐れがあると思います。