VIOの黒ずみは改善できないの?

point

最近は、脱毛サロンなどでVIOラインのムダ毛を処理する人が増えていますが、デリケートゾーンを人に見られることに抵抗があるという方も多いでしょう。それに、特に必要性を感じない場合は、お金をかけるのがもったいないので、自己でササッとアンダーヘア処理で済ませてしまう方も多いようです。

 

もちろんなんのトラブルもないのであれば自己処理が一番手軽で、経済的と言えるのですが、残念ながらデリケートゾーンはトラブルが起きやすい部分になります。

 

顔と同じかそれ以上にデリケートなので、適当な処理をしてしまうとトラブルが引き起こされます。そのトラブルの中でももっとも多いのが黒ずみです。

 

ビキニラインなどが黒ずんでしまうと目立ってしまいますし、他の部分の肌がどんなに綺麗でも不潔に見えてしまいます。自分でも目にするたびに憂鬱になってしまうので、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

VIOの黒ずみ改善の第一歩とは?

一度できたVIOの黒ずみは、改善できるといえばできますが、これは簡単なことではありません。VIOラインというのは、裸になるとき以外は常に下着などで刺激を受け続けています。そのため、いくら美白のあるクリームを使っても、しっかり保湿をしたとしてもすぐに効果が出ないのです。その間にもムダ毛は処理しなくてはいけませんし、下着も着け続けるのですから、効果があったとしても完全にクリアな素肌になることはほとんど無理といってもいいでしょう。

 

もちろん、アンダーヘア処理をしていても黒ずみはない、という方もいると思いますが、ダメージは蓄積されているので加齢や処理年月が長くなれば、ほぼ確実に黒ずんでしまいます。黒ずみが出来てからケアをしても、白く透き通るような肌には戻らないので、現時点で黒ずみがないとしても自己処理はやめましょう。

 

また、どうせ改善できないなら自己処理を続けよう、というのもやめてください。いずれにしても、自己でアンダーヘアの処理を続ける限りケアをしても黒ずみはどんどん悪化してしまうので、黒ずみがあってもなくても、脱毛サロンなどで刺激の少ない方法で処理をすることが改善への第一歩になります。