アンダーヘア処理に対応の家庭用脱毛器事情!

アンダーヘア

最近の家庭用脱毛器の機能はどんどん高性能になっているので、以前は使えなかった部位でも使えるようになっています。

 

もともとは、肌トラブルが起きやすいデリケートな部分は使えない、というものが多かったのですが、今はアンダーヘア処理に対応しているものもたくさん発売されています。家庭用脱毛器は、大きく分けるとエステサロンなどで主流となっている光脱毛を採用しているものと、熱線によってカットしながら毛根組織にもダメージを与えて脱毛できるものの2種類があります。

 

光脱毛というのは、メラニン色素などムダ毛の黒い色だけに反応する波長を照射して行います。この波長を持つ光を脱毛したい部分に照射すると、光がムダ毛に吸収されて熱エネルギーに変換されて、ムダ毛を伝って毛根組織まで到達します。

 

熱が毛根組織にダメージを与えることで、毛を再生する機能が低下するので、成長途中にあっても休止状態になって毛球部が小さくなり、やがて抜け落ちていくという仕組みになっています。

 

光を照射するだけなので、カミソリのように肌を傷つけることもありませんし、毛抜きで無理に引き抜くこともありませんから、ダメージを与えることなく処理をすることができます。光脱毛を採用している家庭用脱毛器は、自己処理用としては高額なものが多いですが、肌への負担が少ないのでトラブルになるリスクを軽減することができます。

 

アンダーヘア処理を光脱毛よりも手軽に使える脱毛器って?

熱線を使うものは、サーミコン式脱毛器とも呼ばれるもので、光脱毛よりも手軽に行えます。脱毛器に取り付けられている熱線を、脱毛したいムダ毛の上で滑らせると、これに接触した毛が結晶化するのでその場でカットすることができます。また、ムダ毛に伝わった熱エネルギーは毛根まで届けられるので、毛を生成する毛母細胞などにダメージが与えられるので、次に生えてくる毛は細く弱々しいものになります。

 

どちらの機種も、毛根組織の機能を低下させるという効果が期待出来るので、アンダーヘアを薄くしたり処理の回数を減らせるというメリットがあります。ただし、永久脱毛の効果はありませんし、間違った使い方をするとトラブルが起きるので気をつけてください。