アンダーヘア脱毛後のアフターケアって大事なの?

腕や足を脱毛した場合は、保湿をしたり日焼けをしないようにするなど、きちんとアフターケアを心がけるのが一般的ですが、アンダーヘア脱毛の場合は違うようです。脱毛処理をするしないに関わらず、デリケートゾーンをケアするという方は少ないでしょう。確かに、デリケートゾーンは紫外線が当たることもありませんし、下着や衣服などで覆われているので乾燥することもないので、ケアの必要性を感じないかもしれません。ですが、脱毛処理をすればダメージを受けるというのは、他の部位のお肌と同じです。

 

見た目的にはなんのトラブルも感じられないとしても、自然に成長して生えているムダ毛を無理に抜くのですから、アンダーヘア処理のあとは肌にも毛穴にも大きな負担がかかっています。その状態を放っておくということは、顔を洗った後に何もスキンケアをしないのと同じか、それ以上のダメージを与えることになります。処理をする度にこういった状態を続けているのが原因で、黒ずみやニキビ、埋没毛などが引き起こされてしまうことも多いので、アンダーヘアを脱毛したら、必ずアフターケアも併せて行ってください。

 

アンダーヘア処理のアフターケアの仕方やポイントは?

アンダーヘア脱毛後のアフターケアといっても、特別なことをする必要はありません。顔と同じで、早くダメージが回復出来るように、まずはしっかりうるおいを与えてあげましょう。体に使うローションで十分なので、脱毛によって傷んだお肌が乾燥しないように、たっぷりと塗ってください。その後は、蒸れない程度にクリームを塗ってしっかりと保湿をしますが、ポイントはやりすぎないようにすることです。

 

アンダーヘアの部分は、ケアの後で衣服や下着をつけるので、クリームなどを塗りすぎるとべたついて蒸れの原因になってしまいます。また、クリームがそのまま肌に残ってしまうと酸化してしまって、それが元でトラブルになってしまうこともあります。アンダー部分の場合はケアをしないのもしすぎるのも良くないので、きちんとケアしながらも過剰にならないようにしてください。