剛毛アンダーヘアの対処法は?

アンダーヘア処理

アンダーヘアの毛質は人によって違いがある、そして髪の毛や他の部位の毛よりも太くて固いというのが一般的でしょう。そのため、カットすると毛先がつんつんになってしまいますし、剃っても毛穴からムダ毛の断面が見えてしまって、黒いぶつぶつになってしまうこともあります。VIO脱毛したとしても、毛穴が開いてしまって肌の状態が悪化しやすくなります。かと言って、アンダーヘア処理をしないままだとごわごわしますし、汚物などの汚れが絡まりやすく取れにくいため、臭いが発生したり雑菌が繁殖しやすくなります。

 

普通の状態でもこれだけ厄介ですが、中には本当に剛毛という方もいるでしょう。剛毛の場合は、どんな処理方法でもほとんどが満足できない仕上がりになってしまいます。ですが、そんな状態のアンダーヘアでもトリートメントで柔らかくすることで、不快感を軽減させて、処理をしたあともある程度満足出来る状態にすることができます。

 

剛毛なアンダーヘアはトリートメントで柔らかく!

アンダーヘアにトリートメントをしても効果がないように思えるかもしれませんが、基本的には髪の毛と同じ構造であるケラチンで生成されています。しかも、アンダーヘアは髪よりもダメージが少ないので、トリートメントをすると意外なほど柔らかくなります。

 

もちろん効果は一時的なものですが、続けていくうちに柔らかさが持続する効果が期待できます。いくら剛毛でも柔らかくなれば、カットをしたりするだけでもかなり印象が変わりますし、抜いたり剃ったりする場合でも、チクチクしたり痒くなったりすることも少なくありません。

 

最近はアンダーヘア専用のトリートメントもあるので、こういった商品を使うとより効率よく毛質を変えることが出来るでしょう。ただし毛質が変わったからと言って、脱毛の効果が持続するということはないので、結果的に自己のアンダーヘア処理の場合だとその頻度は変わりません。ですが、脱毛サロンなどで処理を行うのであれば、柔らかくなって抜けやすくなることで施術の回数を減らせる効果は期待出来るので、プロの施術を利用する場合にはトリートメントをするのがおすすめです。