アンダーヘアの埋没毛ってどうしてできるの?

抜く、剃るというようなアンダーヘアの処理は、見た目的にひどい傷が出来ることはありませんが、皮膚には目に見えない傷がついてしまっています。埋没毛は、ムダ毛を抜くことではなく、抜いたり剃ったりすることで皮膚にダメージを与えることが原因で起こります。

 

体には自然治癒力というものがあり、傷付いてしまった部分を修復しようとして、新しい皮膚が生成されます。この皮膚によって、毛根がある毛穴が塞がれてしまうため、成長して生えてきた毛が表皮に出られない状態になり、それでも成長し続けることで皮膚にしたに埋没毛が出来てしまうのです。

 

埋没毛は、特に皮膚が薄くデリケートな部分にできやすいという特徴があるので、アンダーヘアを自己処理する場合、起こりやすいトラブルになるでしょう。基本的には成長する過程の中で、自然に分解されてなくなってしまうのですが、ある程度まで成長すると分解されなくなって残ります。だから、なんとなく肌が盛り上がっているな、と思ったら埋没毛になっていた、というように後から気がつくことが多いのですね。

 

アンダーヘア処理でできた埋没毛ってどうすればいいの?

アンダーヘアの処理で残ってしまっている埋没毛は、針や毛抜きなどで肌に傷をつけて引っ張り出す、という方が多いようですが、この方法は絶対に行ってはいけません。例え大きな傷じゃないにしても、再度傷をつければその部分には新しい皮膚がまた生成されてしまいます。そうなるとまた埋没毛ができてしまいますし、これを繰り返すと、炎症が引き起こされたり雑菌が侵入して膿んでしまうこともあります。

 

埋没毛は出来るだけ自然な形で排出させる必要があるので、ケミカルピーリングなどで角質ケアをするか、肌を柔らかくするために保湿を念入りに行いましょう。角質ケアや保湿ケアを続けていれば、ターンオーバーが促進されるので成長期の終わった埋没毛が押し上げられて、やがて排出されていきます。ただし、これにはとても時間がかかりますし確実性もないので、まずはは埋没毛にならないように自己処理はすぐにやめて、脱毛サロンなどで肌に負担のかからない処理を行うのがおすすめです。
trong>