肌が弱くてもアンダーヘアの脱毛ってできる?

アンダーヘアの脱毛は、簡単に言ってしまうと家庭用光脱毛器を使うか、または脱毛サロンなどで施術をするという方法が挙げられます。脱毛というと肌への負担が大きいというイメージが強いので、肌が弱い方はシェーバーなどでアンダーヘアを処理をしているかもしれません。

 

確かに、毛抜きは肌が弱くない人でもトラブルが起きるぐらいダメージが強いので、肌が弱い場合は絶対に使わない方がいいでしょう。また家庭用光脱毛器は、自分の肌にあった出力レベルが分からないと、脱毛効果がなかったり、逆に肌に負担をかけてしまいトラブルになってしまうことがあるので、やっぱり使わない方が良いと言えます。

 

肌が弱い人の、安全な脱毛方法って?

ですが、脱毛サロンなどでプロに施術をしてもらうのであれば、肌が弱い方でも脱毛をすることは可能です。よく、家庭用光脱毛器は脱毛サロンと同じ効果がある、と言いますが、これは誇大広告と言ってもいいでしょう。

 

脱毛処理を行うエステティシャンというのは、当たり前ですが、ムダ毛の生える仕組みから脱毛の仕組み、脱毛マシンに関しての知識や技術をしっかり学んだプロです。そのプロが行う脱毛と、ただ説明書を読んだだけで使える家庭用光脱毛器の効果が同じ訳が無いのは、冷静に考えれば分かることです。家庭用光脱毛器の効果がないということではありませんが、知識と技術を持ったスタッフによって行われる脱毛は、当然それ以上の効果を得ることができます。

 

また、脱毛サロンでは肌質や毛質などをしっかりチェックして、トラブルがないように出力レベルを調整して処理を行います。こういったことも自分では出来ないことですし、さらに光脱毛はもともと肌への負担が一番少ない脱毛法なので、肌が弱い方ほどプロによる脱毛を行った方が良いと言えるのです。光脱毛は毛根組織を弱らせて、自然に毛球が小さくなることで毛が抜けるので、肌トラブルの心配はありません。逆に、一見肌に優しいシェービングでも、剃る時には角質層に傷をつけてしまいますから、肌の弱い方がアンダーヘアを処理する場合は脱毛サロンを利用するのがおすすめです。