アンダーヘアの処理は自分では難しいという貴女にオススメ

アンダーヘア 処理

アンダーヘア処理というものは、自分でこなすには厳しいパーツになっているので、脱毛エステサロンなんかでプロのエステティシャンにしてもらう事もオススメの方法なんです。ちょっとの毛も取り除きたい人には、皆が知っている永久脱毛がおススメですね。

 

痛いのが嫌!という人には永久脱毛の中でも取りわけ光脱毛がピッタリだと思います。永久系の脱毛の内では、ダントツに痛みが押さえられている脱毛方だそうです。このサロンでも実施しているんですが、痛み以上に肌を守るために付けるジェルのヒンヤリ感の方が嫌いと言われるお客様が殆どです。しかし、どこのサロンにも痛くない施術があるというのではなく、旧型の機械を使っているサロンは痛みが激しいようですから気をつける必要があります。(最先端の機械であればあるほど痛さが無いと言われてます。)心配な時は狙っているサロンにパッチテスト等をやってもらうと良いかもしれません。

 

ちょっとチクッとした感じはなんてことないって人には、レーザー脱毛が一押し。光脱毛と比較した場合、回数が少な目で完了することが多いのはレーザー脱毛なんです。ある程度痛みはありますが、その分効果は驚くほどありますよ。医者の元で施術があるから、万が一ですがヤケドみたいなトラブルが生じたとしても安全性はかなり高い。ただし弱い熱量で施術をしているクリニックのケースでは、効果は極端に下がることもあるので、それに関しては担当の方とよくよく相談してみてくださいね。

 

アンダーヘア脱毛をやっていることを周りの友人たちには絶対知られたくない!という女性にはニードル脱毛という方法もいいと思います。ニードル脱毛というのは、毛を伸ばしたまま一本一本処理するので、ゆっくりと目立たなくしたり、間引いたりすることも好き勝手にできるんです。それに加えて白髪はニードル脱毛しか脱毛できないのです。ただし、強い痛みが伴って、手間の掛かる方法なのでその分お値段もあがります。キレイにしたいパーツは光脱毛、もしくはレーザー脱毛を利用して、わからないようにしたいパーツだったり目につきやすい部分(ビキニラインとか)はニードル脱毛で処理するなど、臨機応変にお手入れをすることが賢明でしょう。

 

もうとにかく早くスッキリしたいんです!!という人には、脱毛エステでよく見るVIO脱毛コースがいいと思います。Vラインは前から見た時のデリケートゾーンになります。Iラインは陰部の両方のサイド。ここはムダ毛や黒ずみなどという肌トラブルも出やすくって、また暑い夏だったり生理中なんかはムレや嫌な臭い、かぶれの症状が発生してしまうことだってあるでしょう。Oラインは特にアメリカやヨーロッパの女の人と比較して考えた場合、日本の女性は意識してない人が殆どですが、油断禁物! 施術のやり方としては、Vラインは仰向けになって、Iラインは両足をいわゆる「くの字」に広げます。Oラインはうつ伏せの状態で紙ショーツをずらしたり、またお尻のお肉や皮をひっぱりながら、大事なゾーンは出来る限り見えないようにしながら、スピーディーに照射をしてくれます。その都度恥ずかしがらない限り、照射そのものは一口に言うと数十分もかからないので、なるたけ落ち着いて施術してもらいましょうw終わりに10分程クールダウンし、炎症が出ないようにするお薬を塗布して全て完了です。