アンダーヘア処理するときの理想は長さの?

アンダーヘアの処理方法はいろいろありますが、もっとも手軽でダメージが少ないのが、カットをするという方法になります。ムダ毛をカットするのであれば、肌を傷つけることもありませんし、毛穴を無理に傷めることもないのでトラブルの心配もありません。

 

アンダーヘアをカットして処理する場合は、形も大切ですが、もっとも重要と言えるのは長さです。いくら処理をしても長すぎればはみ出てしまいますし、かと言って、カットしすぎてしまうと不自然になってしまいますし、下着から突き出てしまいます。毛の長さがバラけているのもみっともないので、まずは理想の長さというのをきちんと知っておきましょう。

 

毛は人によって濃さや太さが違いますし、着用する下着や水着の形も違うので、一概に何cmじゃなくてはいけないということはないのですが、一般的には3cmぐらいが一番自然な長さになります。3cmなら長すぎず、短すぎずという長さですし、性器もきちんと隠れるので、違和感もなくはみ出ることも防げます。

 

アンダーヘア処理比較表

お手入れ方法

仕上がり

肌ダメージ

コスト

総合順位

詳細

ハイパースキン法

光脱毛

ヒートカッター

ヒートカッター

スリムアップ脱毛

S.S.C脱毛

除毛クリーム

除毛クリーム

アンダーヘアをカットする時の注意点は?

ただし、ここで気をつけたいのは、すべてを同じ長さに切り揃えないようにするということです。アンダーヘアはVラインの形にそって凹凸があるので、同じ長さにしてしまうとビキニラインに近い部分ははみ出してしまうことがあります。

 

理想的なのは、ビキニラインに近い部分は短く、性器に近い部分は長くというカットです。ですので、性器の部分は3cmぐらいを目安にして、そこから外側に向かって少しずつ短くなっていくようにカットしましょう。このように長さにグラデーションをつけるようにすれば、いかにも処理をしましたというような形にならず、自然なスタイルに仕上がります。

 

アンダーヘアの形は、もっともスタンダードな逆三角系、下着からはみ出しにくいIライン型、可愛らしいハート型などがあります。自分でやりたい形を決めたら、その形に合わせて外枠のラインを一番短く、内側にいくほど少しずつ長くなるように調節しながらカットしていくと、理想の形に整えることができます。