「すそわきが」の治療は簡単!

デリケートゾーンが臭うようになって
誰にも相談できなくて、どうしよう!

 

とパニクる前に、その臭いの
原因をチェックしてみて下さい。

 

女性のデリケートゾーンの臭いは
原因によっては、簡単に治療できます。

 

その「すそわきが」のような臭い、
いったい何が原因なのか。。。

 

1つずつ見ていきます。

デリケートゾーンから臭いが出る原因

陰部がクサい!
ワキガの様な臭いがする!

 

そんな女性は、
「すそわきが」になってしまった
という事が考えられます。

 

 

「すそわきが」は名前の通り、
「わきが」にカテゴライズされる症例です。

 

なので、強烈な臭いが一般的です。

 

なぜ、デリケートゾーンから
わきが臭が出てくるかというと

 

大きな原因は2つあります。

 

アポクリン汗腺から出る粘り気のある汗と、
デリケートゾーン周辺の皮脂腺から分泌される
脂肪酸の2つです。

 

この2つが混ざりあうと、なんと
雑菌、最近が大好きなエサなってしまいます。

 

この汗と脂肪酸の混合物が
細菌に分解されたときに、
すそわきがの強烈な臭いが発生します。

 

すそわきがの臭いは、
生理中やセックス事に強くなることが
医学的に分かってます。

 

これに悩んでいる女性
かなり多いと思います。

すそわきがでなくても陰部がクサい

すそわきがじゃなくても、
デリケートゾーンから酷い臭いがすること
結構あります。

 

その原因は、概ね、次のどれかです。

 

 

@雑菌、細菌が原因

 

雑菌、細菌が原因でニオイが発生します。

 

デリケートゾーンは雑菌が繁殖しやすいと
よく言われますが、

 

それは、汗や尿、生理中の経血が
雑菌のエサになってしまうからです。

 

もともと、デリケートゾーンは
@蒸れやすく湿度が高いこと
A肌と肌が密着してるので高温であること

 

この2つの要因により
雑菌が増えやすい環境にあります。

 

更に、経血は汗や尿と比べて栄養が高く
ナプキン自体も高温多湿になってるので

 

生理中は特に雑菌が増えやすいです。

 

なので、整理中はデリケートゾーンから出る
臭いも強くなるというワケです。

婦人科系の病気が原因で臭う

デリケートゾーンは
トラブルに見舞われやすいです。

 

女性特有の病気が原因で
臭いが出ることがあります。

 

例えば、細菌性膣炎、トリコモナス膣炎、淋病。
重症になると、子宮内膜炎、子宮頸がんがあります。

 

こういった病気の場合、
デリケートゾーンの臭いが突然ひどくなったり
おりものが増えたり、或いは変色したりすることから
気付くことができます。

 

これらのサインが出たら
直ぐに婦人科に診てもらって下さい。

 

恥ずかしがってる場合ではないです。
取り返しがつく内に、病院に行きましょう。

自分でできる、デリケートゾーンの臭い対策!

臭いの原因は、汗、脂肪酸、雑菌の
3要素から成り立ちます。

 

汗、脂肪酸、雑菌は
どれも洗い落とすことが可能です!

 

なので、個人でできる臭い対策として
簡単で効果が高い方法は、

 

デリケートゾーンを清潔に保つこと
になります。

 

 

実際の洗い方ですが、
シャワーだけだと、表面上の汚れ、雑菌しか
洗い落とすことができません。

 

特に、脂肪酸はアブラというだけあって
水だけでは、落とし切れないものです。

 

それに、ご存じの通り
デリケートゾーンというのは、
形が複雑なので、恥垢、汗、雑菌が溜まり易いです。

 

特に、大陰唇、小陰唇は意識しないと
絶対キレイにはできません。

 

どうすれば、キレイに洗い落とせるかと言うと
先ずは、デリケートゾーン用の石鹸を用意します。

 

これは、弱酸性+低刺激の商品にしてください。

 

そして、泡立てネットを使って
きめ細かく+たくさん、泡立てます。

 

出来る限り、キメ細かく、量は沢山です。
その方が、汚れを吸着できますし
指が患部に触れにくくなって、傷付けることが減ります。

 

力は入れません。
泡の吸着力で洗うようにし
前から後ろに一方通行で優しく洗います。

 

 

強い石鹸は逆効果!

 

すそわきがの臭いは強烈です。
何とかしたい!

 

その思いから、洗浄力の高い石鹸を
選びそうになるかも知れませんが
我慢です。

 

洗浄力の高い石鹸は、刺激が強いです。
刺激が強いとデリケートゾーンはダメージを受けます。

 

炎症、かぶれに繋がって
別の臭いの原因になり兼ねません。

 

陰部を洗うときは
低刺激のデリケートゾーン用石けんを使用し、
ゴシゴシ洗いは厳禁です。

 

 

洗った後は、換気良く!

 

湿気が雑菌の繁殖に繋がることは
前述したとおりです。

 

お風呂上りは、体温も高いので
デリケートゾーン周りは高温多湿になりやすいです。

 

通気性に優れた下着がオススメです。

 

シルク素材のものがベストですが
なければ、コットン素材でもOK。

すそわきがの臭い、セルフケアで撃退!

自分で、すそわきがの臭いを
軽減する方法があります。

 

前述してきた通り、
すそわきがの臭いの原因となるものは
汗、尿、生理の経血があります。

 

それらをエサとする雑菌が存在して
かつ分解されることで臭いが生まれるワケです。

 

雑菌は、どうやったって付いてきますから
(あまりにもミクロすぎて、ゼロにはできない)

 

じゃあ、何をすれば良いかと言うと
エサの方を無くしてあげるという選択になります。

 

 

トイレでは、ビデを必ず使う!

 

トイレに行ったら、ビデを絶対使って下さい。
これだけで、臭いの半分以上を減らすことができます。

 

生理中は特にです。

 

携帯用のデリケートゾーン専用ウェットティッシュが
があるとベターです。

 

ビデで汚れを流したら、
低刺激で弱酸性のウェットティッシュで
綺麗に拭いてあげて下さい。

 

 

携帯用のデリケートゾーン専用ウェットティッシュは
本当に便利で

 

例えば、近くにトイレが無い場合
これがあれば、臭いの原因を簡単に
拭き取ることができます。

 

オススメです。

 

 

運動するなら、デリケートゾーンの蒸れに注意!

 

運動するときは、通気性の良い下着を使います。
汗もかいて体温も上がるので、高温多湿になります。

 

もし、ピッタリ目の下着だと
湿気、体温ががこもりやすくなります。

 

運動する前にゆったり目の下着に
着替えるなどして、臭いの原因を増やさないようにします。

 

 

 

洗いすぎは、逆に臭いを酷くするケースが!

 

すそわきがの臭いがキツすぎて
つい念入りにデリケートゾーンを洗いがちですが

 

それは逆効果です!

 

人間の身体には、悪玉菌の対極になる
善玉菌という細菌類が存在します。

 

それは、デリケートゾーンも同様です。

 

で、洗いすぎると、
悪玉菌だけでなく、善玉菌も一緒に
洗い流してしまうことになります。

 

これの何がマズイかと言うと、
善玉菌は、悪玉菌の増殖を抑える働きがあるのです。

 

特に、膣の中には善玉菌が沢山いますが
洗いすぎると、この善玉菌が流れてしまって
雑菌がきたときに、膣の中を守ってくれる菌が
誰もいなくなるのです。

 

そうなると、膣内が炎症したりして
大変なことになりかねません。

 

なので、臭いを防ごうとして洗ったつもりが
余計に臭いを強くすることに繋がってしまうので
デリケートゾーンを洗うときは、細心の注意をしてください。

まとめ

すそわきがの対策は、とても簡単です。

 

汗、皮脂、汚れ(恥垢など)、雑菌が臭いの元なので
これらを綺麗に洗い流すこと。

 

高温多湿が雑菌の増殖に繋がるので
下着は通気性が良く、ゆったり目を選ぶこと。

 

これらが対策となります。

 

 

デリケートゾーンを常に清潔に保つときに
大切なポイントは3つ。

 

@トイレではビデを必ず使う
Aデリケートゾーン用のウェットティッシュを携帯しとく
B洗いすぎは、逆効果

 

これを頭に入れておいてください。