すそわきがの相談は、婦人科、美容外科へ

すそわきがは、病院で言うと
婦人科か美容外科に相談することになります。

 

すそわきがの臭いを改善するために
色々調べて、あれこれやってみたけれど
やっぱり、完治させたい!

 

という人は結構います。

 

すそわきがを病院で治療するとき
大きく3つの治療法があります。

ビューホット治療

すそわきがの最新の治療法は
ビューホット治療と呼ばれる手法になります。

 

これは、日本発の治療法で
2014年度の8月より受診可能になっています。

 

<特徴>

その@

特徴は、何と言っても
メスによる切開が不要な点!

 

肌にキズを残したくない女性には
願ってもない治療法なります、

 

そのA

ビューホット治療は1回切りです。

 

他の治療法の場合は、複数回に分けて施術しますが
ビューホット治療は一度で完了します。

 

 

そのB

完治率が治療を受けた人の95%以上という
極めて治療効果の高い手法になります。
しかも、再発しづらいという長所も持っています。

 

そのC

治療時間が、とても短いです。
平均的なところで言うと、20分〜30分程度です。

 

重度のすそわきがの女性でも
せいぜい、60分程度になります。

 

そのD

治療した翌日からシャワーを浴びれるほど
回復までの時間が短いです。

 

それは、つまり、幹部へのダメージが
極小であるということ。

 

治療に通院が要らないというのは
忙しい女性にとって嬉しいですね。

 

 

<治療内容>

治療内容は、簡単に言うと
汗を出す汗腺の破壊になります。

 

患部に無痛麻酔を施した後に
陰部に細い針から出る高周波を当てることで
エクリン腺とアポクリン腺の汗腺を破壊します。

 

そうすることで、デリケートゾーンの
汗を激減させることができ、

 

結果として、すそわきがの臭いを
無くすことができます。

 

高周波を当てた患部は、
治療後は少し赤くなりますが、直ぐに戻ります。

 

治療した次の日からシャワー可能です。

電気凝固法

<治療内容>

アンダーヘアの毛穴に対して、
針を刺し電流を流します。

 

これにより、アポクリン汗腺を焼却させ
すそわきがを治療することができます。

 

<特徴>

その@

完治まで、複数回の施術が必要です。
ペースは、3か月毎に2回。

 

1回の治療にかかる時間は、20分〜30分程です。

 

そのA

痛みは殆どありません。

 

切開するわけではないので、
治療した当日から入浴もできます。

 

そのB

アンダーヘアの毛穴に電流を流すので
毛の濃さが若干薄くなります。

ボトックス治療

<治療内容>

ボトックス(ボツリヌストキシン)という薬を
デリケートゾーンの特に汗が出る部分に注射します。

 

専門用語で、神経伝達物質のアセチルコリンをブロックする
ということなのですが、これにより、汗の分泌量が減ります。

 

簡単に言うと、制汗剤を注射して
陰部の汗の量を抑制する、という事になります。

 

<特徴>

その@

効果はすぐに出ます。
治療したその日から、すそわきがの臭いはしません。

 

ただし、制汗剤により一時的に汗を抑えてるだけで
完治したわけではありません。

 

なので、半年ほどで効果がなくなります。

 

そのA

重度のすそわきがには、効果が薄いです。

 

そのB

ボトックス治療と合わせて、デリケートゾーンの脱毛処理をやると
相乗効果で、すそわきがの臭いを軽減できます。

 

すそわきがの原因になる雑菌、細菌は
アンダーヘアの根本にくっ付いて増殖します。

 

アンダーヘアがなくなれば、くっ付く先が無くなるので
雑菌、細菌の増殖を抑制できるわけです。

 

文字通り、臭いを根本から絶つ
という事ですね。

まとめ

すそわきがを病院で治療する場合、
主に3つの治療法があります。

 

@ビューホット治療

 汗腺を破壊して、汗をかかなくすることで
 すそわきがを完治させる。(治療は1回)

 

A電気凝固法

 アンダーヘアの汗腺を焼却して汗の量を減らすことで
 すそわきがを完治させる。(治療は複数回)

 

Bボトックス治療

 制汗剤を汗腺に注射し、一時的に汗の量を減らすことで
 すそわきがの臭いを抑制する(完治でない。半年で効果切れ)

 

 

治療法の選び方は、自身の目指すところによって変えて下さい。
一時的に臭いを減らせればいいのか。
完全に完治させて、すそわきがとはオサラバするのか。

 

何れにしても、病院の先生と相談してから
治療法を決めることになります。