すそわきがにはどのような石鹸が効果的?

「すそわきが」ってご存知ですか?

 

すそわきがは、腋臭症(えきしゅうしょう)と
言われてるもので、

 

簡単に言うと、女性のデリケートゾーンから
わきがのニオイがするという症状です。

 

なぜ、デリケートゾーンから
そんな臭いが出るのかと言うと

 

実は、女性のデリケートゾーンは
汗腺が2つあって、身体の中でも
脇の次に汗をかく部位だったりします。

 

その汗腺のうちの1つは
アポクリン汗腺と呼ばれていて

 

ここから出た汗は、皮脂と混ざることで
皮膚上の雑菌が大好きなエサになります。

 

そのエサが最近に分解されたときに出る臭いが
腋臭症(えきしゅうしょう)、

 

つまり、すそわきが臭というワケです。

すそわきがの防ぎ方は簡単

すそわきが臭が出ないようにする方法は
とっても簡単です。

 

汗、皮脂を洗い落とす事。
雑菌が繁殖しないようにする事。

 

つまり、清潔にしておくって事が
一番の対策になります。

 

 

但し、ただ単純に
毎日の入浴で洗うだけでは
中々効果がありません。

 

そこは、わきがと同じで
専用の石鹸を使います。

すそわきがに効果的な石鹸の選び方

すそわきが臭を発生させる雑菌の殆どは
アルカリ性でないと繁殖できません。

 

なので、石鹸の選び方の1つ目として
「弱酸性の石鹸を選ぶ」ことがポイントです。

 

ネットで「デリケートゾーン用の石鹸」と検索すれば
たくさんヒットするので

 

その中から、弱酸性の石鹸をピックアップしてください。

 

 

2つ目のポイントは
「低刺激の石鹸を選ぶ」ことです。

 

洗浄力にが強い商品がありますが
大抵の場合は、肌への刺激が強いです。

 

デリケートゾーンは身体の中でも
特に刺激に弱い部分です。

 

注意してください。

すそわきがに効果的な洗い方

泡でやさしーく

ポイントは、泡で優しく洗うことです。

 

弱酸性で低刺激の石鹸を選んだら、
それを泡立てネットを使って、
こんもり泡立てます。

 

キメ細かい泡を
たっぷりと作って下さい。

 

それを、手に乗せて
デリケートゾーンを前から後ろに
そーっと洗います。

 

この時、爪が引っかからないように!
指の腹を使って、泡の吸着力で洗うように意識します。

 

 

ゴシゴシ洗うのはNG

 

すそわきがの強烈な臭いを消したくて
洗うときに、無意識に力が入りがちです。

 

でも、ゴシゴシ洗ったって
良いことはありません。

 

デリケートゾーンなんです。
ゴシゴシ洗いは、確実にダメージを与えます。

 

デリケートゾーンは、ちょっとの刺激で
直ぐにトラブルを起こします。

 

もし、少しでも傷がついたら
そこから雑菌が入って炎症の可能性だってあります。

 

 

身体の表面に付着してる雑菌は
シャワーの水圧で、約80%が流れ落ちると言われてます。

 

石鹸を使うのは、水で落ちにくい
皮脂を洗い流すためです。

 

すそわきがの原因である雑菌は
シャワーの水圧で8割が洗い落とせるんです。

 

ゴシゴシ洗いしなくても大丈夫です。
ちゃんとキレイにできます。

朝のシャワーはおすすめ

すそわきがが気になる人は
朝のシャワーはオススメです。

 

寝てる時間(だいたい7時間?)に
雑菌が繁殖しています。

 

また、汗もかいてます。

 

これらを、朝のシャワーで綺麗にすることで
すそわきがを、かなり抑えることができます。

 

シャワーだけでもOKですし
汗っかきの人は、デリケートゾーン用の石鹸を
泡立てたたっぷりの泡を使ってもOKです。

 

朝、キレイにするかしないかで
本当に変わるので、

 

是非試してほしいです。

夏は、デオドラントグッズを使う

汗をかく夏は、昼間のすそわきが対策として
デオドラントグッズを使って下さい。

 

 

デオドラント剤と制汗剤の違い

 

すそわきがのニオイは、
皮膚のアポクリン汗腺から出る汗の成分が、
細菌によって分解されて発生するものです。

 

デオドラント剤は、
皮膚の雑菌の増殖を抑える効果があります。

 

なので、デオドラント剤を使えば
すそわきがを発生させる雑菌が増えないので、

 

すそわきが臭を一時的ですが
防ぐことができます。

 

制汗剤は、汗を抑える効果があります。

 

なので、制汗剤を使えば
アポクリン汗腺から出る汗を減らせるので

 

雑菌のエサを減らすことができて
結果として、すそわきが臭を抑えることができます。

 

 

すそわきがに効果的なデオドラントグッズ

 

すそわきが臭を防ぐ効果が高い
デオドラントグッズがあります。

 

最近では、デオドラント剤と制汗剤の
2つの効果が一緒になった商品もあります。

 

 

 

@デリケートゾーン専用ウェットティッシュ

 

デリケートゾーン専用のウェットティッシュで、
化粧水が染み込ませてあり、汗、汚れをふき取る事ができます。

 

1つ持っていると、出張時など
外出してるときに便利です。

 

また、お風呂から上がった後の
保湿としても使うことができます。

 

もし、デリケートゾーンに
顔や身体用の化粧水を使ってるのなら
直ぐに止めたほうがいいです。

 

やっぱり、刺激が強いです。

 

デリケートゾーンを保湿するなら
専用の商品を使って下さい。

 

 

 

Aスプレータイプのデオドラント剤

 

スプレータイプの良いところは
服の上からでも直ぐにさっと使えるところです。

 

すそわきが臭い始めたかも!
と気になったら、すかさずプシュー!

 

洋服の上から、シュっと吹き付けるだけで
すそわきがの嫌な臭いを抑えることが可能です。

 

携帯しやすいのも、長所の1つですよね。

 

 

 

B消臭・抗菌効果のある下着をつかう

 

すそわきがは、雑菌が
汗と脂肪酸の混合物を分解するときに発生します。

 

抗菌作用のある下着を使えば
雑菌の増殖を抑えることができます。

 

そこに、消臭効果も加われば
軽度のすそわきがであれば、対策としては十分です。

 

 

細菌、下着の繊維に臭いの元を吸着させることで
臭いを抑える商品などが出回ってます。

 

ネットで探すと直ぐに見つかると思います。
一度、眺めてみては?

 

 

 

C手作りミョウバンスプレー

 

昔の人の知恵になりますが
ミョウバンを水に溶かしたものを
百均のスプレー容器に入れて使います。

 

なぜ、ミョウバンがすそわきがに効くかと言うと

 

ミョウバンが水に溶けると
その水溶液は酸性になります。

 

一般的な雑菌、細菌は酸性が苦手です。

 

なので、お手製ミョウバンスプレーを
デリケートゾーンに一拭きすれば

 

デオドラント剤と同じ効果を発揮するワケです。

 

造りかたは簡単。

 

水1500mlに対して、ミョウバンを50g溶かします。
1.5リットルペットボトルを使うと便利ですね。

 

あとは、百均のスプレー容器に入れて完成です。

 

 

 

D市販の銀イオンスプレー

 

近頃、流行ってます。
銀イオンスプレー。

 

実際に、効果があるので
オススメです。

 

銀イオンスプレーの良いところは
消臭だけでなく、殺菌もしてくれる点です。

 

ドラッグストアやコンビニで
簡単に手に入るので、1つ持っておくと重宝します。