下の毛のお手入れを一切しなのはナンセンス

女性の中には、何もせずにナチュラルで自然体のままがいいという意見もあるようです。けれどもやっぱり、少しでもいいからデリケートゾーン脱毛に興味があってキレイにしている女性がいいなと思う男性は多いようですね。確かにちらりと目に入ったデリケートゾーンが爆発的な陰毛だらけだと、少し不潔な感じもします。今では温泉などで女同士で見る場合でも、デリケートゾーンは気にされているくらいです。

 

特に夏は水着からはみ出していたり、ちょっとしたはずみで毛が出たりすることがあります。やっぱりそんな状態を彼氏がみたら、幻滅してしまうのではないでしょうか。少しでもデリケートゾーン脱毛に力を入れていて、極力水着からははみ出ないような処理をしているだけでも、女子力高いなって思いますし、清潔感もありますよね。

デリケートゾーンのお手入で失敗したケース

最近ではデリケートゾーン脱毛に注目が集まり、男性側の意見なども取り上げる雑誌やネットも出てきているようです。そういった内容をもとにすると、やっぱり近頃の男性は、何も手入れしていないデリケートゾーンには抵抗があるという意見が目立つようですね。何も手入れしてなくてボーボーのジャングル状態を見た瞬間気持ちが冷めてしまうことも。

 

下の毛の処理が一般的になっている中で、はたして男性から見た下の毛の処理とはどういったものでしょうか?彼氏のためにと思って下の毛を全部処理してツルツルにしたがドン引きされたという女性もいれば、自然体でいようと下の毛処理は何の手もつけなかったら彼氏からげんなりされたという女性もいます。

男性が憧れているデリケートゾーン脱毛の実態

デリケートゾーンの脱毛を男性陣も求めるようになってきましたが、はたして男性たちはどんなデリケートゾーン脱毛を求めているのでしょう。というのも、デリケートゾーン脱毛後の仕上がりにも様々な種類があるのです。例えば少し毛を残すなら、たまご型やスクエア型、逆三角形型など・・・。もっと上を行くなら全く毛のない、いわゆるパイパンなど。

 

デリケートゾーンの脱毛と一言でいっても種類は沢山あるので、男性陣の意見も貴重ですよね。彼氏を喜ばせようと思ってパイパンにしたら嫌われたという意見だってあるくらいです。逆にツルツルが大好きという人だっています。最近の調査では、一般的な男性意見として一番高評価のデリケートゾーン脱毛は、少し毛が残っている小さめの逆三角形型だそうです。

 

ツルツルまでとはいかないし、何となく自然に毛が残っているナチュラルな状態。または、多少ムダ毛が残っていても小さめの逆三角形なら清潔感もあると思います。実際に下の毛処理でこの形にした女性も、蒸れや痒みもなくて清潔な状態を保てるようになったという意見もあります。ツルツルの状態には男性は抵抗があるようです。

下の毛がボーボーだったら男性は?

やはり最近の男性の中には自然体でボーボーに下の毛が生えているのは嫌だという人が多いみたいです。もちろん中には下の毛処理を全くせずにそのままがいいという人もいるかもしれません。けれどもパっと目に入った時に、下の毛が何の処理もされてなくてジャングル状態だったとしたら、女性としての魅力は極限に下がるかも!美意識が低いだとか、女性としてのエチケットがなってないだとか、デリケートゾーンが不潔なのでは?

 

くさそう・・・とか見た目だけで色々なイメージを持たれちゃうかも!パイパンでなくとも少しでも手入れをすることで、ちゃんと気を使っていて美意識が高いなって思われるかもしれません。ましては水着や下着からはみ出たところなんて見せたくないですよね。

どうしても、ハイジーナ脱毛したい人は

さすがに全く毛のないパイパンは外国人女性のようなイメージもあって、正直抵抗があるというのが率直な意見。またパイパンだったら、この人は遊び人じゃないのか?とか、体を見せる頻度が多いのでは?とか嫌なイメージをもつ男性もいるそうです。ですので、デリケートゾーン脱毛をしようと思っているのなら、いきなり全部を永久脱毛する!とういよりは、まずは少し毛を残して調度いい形に整えることから始めた方がいいかもしれません。

 

しかし、最近になってパイパンに対するイメージも良い方向へ変わりつつありますので、パイパンがどうしてもしたい!という人もいいかもしれないですね。もし彼氏がいるなら、了解を得て見たほうがいいかも。いきなりパイパンにして引いたという男性もいますが、事前に相談してみたらパイパンやってみれば?と持ちかけてくれるかもしれませんね。パートナーに好きな形は何かを聞いてみるというのも良い方法ですね。