デリケートゾーン脱毛で生理中のかゆみ防止

デリケートゾーン脱毛に対する悩み事の中でも特に多くあがっているのがデリケートゾーンのかゆみを始めとして、蒸れや臭いといったものです。一際、女性の生理時は、血液の嫌な臭いの他に、蒸れやかゆみを伴い、不快感がストレスに繋がる女性も少なくはないようです。やはり仕事などで長時間に渡って同じナプキンをつけていると、そういった症状は出やすいようですね。

 

更には、デリケートゾーンは体の中で一番皮膚が薄いと言われています。まぶたも薄いとは言われていますが、これが大方8層で構成されていると言われています。それに対してデリケートゾーンはなんとほんの6層なんです!デリケートゾーンが繊細であると知られている理由もわかりますね。

 

薄い分、外からの刺激や影響に対して敏感に反応してかゆみなどが生じてしまいます。ただ、デリケートゾーンは繊細なものだと分かっていても、やはり働いている女性なんかは、なかなかこまめにナプキンを交換することもできず、不清潔のままかゆみや蒸れに耐えている女性も多いようです。

デリケートゾーン脱毛で生理中の悩みが解消!?

ではこういった生理中のかゆみや蒸れなどのストレスを解消するためには、どうしたらよいのでしょうか?一番大切なこととしては、デリケートゾーンを清潔にすることを注意することだと思います。ナプキンをしている分、デリケートゾーンに汗をかきやすく、常にデリケートゾーンは蒸れていて不清潔な状態です。

 

ですので、やはり一日のうちで頻繁に新しいナプキンと交換することが大切になってきます。、また入浴の時は、デリケートゾーンは特に丁寧に洗浄することを心がけ、ちゃんと清潔な下着で守るようにすると良いでしょう。生理中は専用のショーツを履いている女性もいるようです。生理専用のショーツは素材を見て選ぶのもポイント!

 

綿素材なんかは通気性に優れているため、ストッキングなんかで押さえるよりは、通気性のよいショーツを履くことをオススメします。またパンツよりもスカートの方が蒸れやかゆみを抑えることが可能でしょう。スカートだと生理中の嫌な臭いが広がってしまうのが怖いという女性もいるでしょう。しかし先ほども言ったように、こまめにナプキンを交換すれば臭いは簡単に防ぐことができます。

 

生理中のかゆみなどは専用の塗り薬を使っている女性もいるようです。しかし、かゆみも蒸れも臭いも全て解消できる方法として最近注目されているのが、デリケートゾーンの脱毛なのです!デリケートゾーンの脱毛をすることで、毛に血液などが付いて細菌が増えたりすることを防ぐことができますし、また臭いや蒸れを防ぐこともできると評判なのです!

 

デリケートゾーンの脱毛は抵抗がある・・・と思っている女性でも、長さを調度いいくらいに揃えることだって可能!それだけでも劇的な違いがわかるのではないでしょうか。海外ではデリケートゾーンの脱毛はエチケットにもなっているほど!これから日本でも生理中の悩みを解消する方法として、デリケートゾーンの脱毛が流行ってくるでしょうね。

生理中はデリケートゾーン脱毛をしてもいい?

デリケートゾーン脱毛において疑問点として出やすいのは、生理中でもデリケートゾーンの脱毛は受けれるかどうかということです。実際にサロンなんかは、施術当日と整理が被った時は、施術は取りやめになることが殆どであると思います。サロンの注意書きにもそのようなことが載っています。デリケートゾーンの脱毛でなければ(手足など)生理中でも施術可能なサロンは存在しますが、生理中はホルモンバランスなどから体が全体的に安定していないので、そういった体調では施術は受けないことをオススメします。

 

そもそもデリケートゾーンの脱毛は、毛に高い熱を当てて毛根を焼いてしまう行為なので、体自体は痛みなどは少ないかもしれませんが、実際は熱だったり痛みの刺激は受けているのです。生理中などの不完全な体調の時に、いくらか人工的な刺激を受けてしまうと、結果として驚くべき影響を受けて危険なトラブルが生じることだってあるのです。デリケートゾーンの脱毛は特に生理中は避けて、体調がベストの時に施術を受けたほうがいいでしょう。

デリケートゾーンの「できもの」「かぶれ」対策

デリケートゾーン脱毛をしている人の中にできもので悩む人もいるでしょう。特に「毛嚢炎」で悩んでいる人がいます。そもそも「毛嚢炎」とは何でしょう?実は別名「「毛包炎」とも言われている症状で、ブドウ球菌が毛穴に感染してしまって起きる皮膚のトラブルなんです。

 

この症状としては、小さめのブツブツなどのできものが沢山生じたり、膿を持ったできものも現れることがあります。痒みや痛みは特に感じないので、そこまでストレスになることもないかと思います。実を言うと、脱毛サロンなどでデリケートゾーンを脱毛するとき、毛穴の黒いところに反応する特殊な光を使用します。この施術は痛みもないですし、もちろん赤くなったり腫れたりすることもないです。けれども本当に低い確率ですが毛嚢炎が生じる場合もあるんです。

 

特に太い毛を処理する時が多いため、デリケートゾーン脱毛の時に生じる確率が高いでしょう。もちろん毛嚢炎は自然に治ってはいくのですが、施術を受けるごとにこういった症状が出るならば、施術はストップすることをオススメします。毛嚢炎が生じるのではないかと不安でサロンに行けないならば、最初にお試し料金の施術などをやってみるといいかもしれませんね。この症状は抵抗力が弱まっている時も出やすいですし、日焼けなどで皮膚が弱っている時も生じやすいです。

下の毛処理で赤みがでる原因とケア

下の毛の処理が多くの女性の間で話題になるにつれて、下の毛の処理による赤みなどのトラブルに悩む女性も多くなっているようです。下の毛の処理をしたら赤みが治らなくなった、毛が中途半端に残って痒みが増した、チクチクして気持ち悪い・・・など、様々なトラブルが生じてしまい悩んでいる女性がたくさんいると思います。

 

これは下の毛の部分は手足や顔よりも皮膚が薄く繊細な部分なので、外部からの影響を受けやすいからなのです。そういった繊細な部分は最近なども侵入しやすくなっていて、下の毛の処理で少しでも間違うと、カミソリ負けなどを起こしてしまいがち。カミソリ負けが原因でアンダーに赤みが生じますが、こいうった赤みは触らないで自然に治すのが一番と言われています。

 

しかし下の毛の処理後はすぐに毛が生えてきてチクチク感が出てきますし、カミソリ負けによる赤みが治癒する前に、太くて濃い下の毛が更に生えてきてしまって、治すこともできずにどうしたらいいか分からないという悩みもあるでしょう。こういった下の毛部分の赤みの原因としてよく挙げられるのは、大雑把で雑な下の毛の処理です。下の毛を処理する時にシェービング用のクリームやジェルなどを使用せずに、直接カミソリで剃るケースだと赤みが起こりやすいです。確かに入浴ついでに処理をする場合、クリームなどを使わずにさっさと終わらせる傾向にあるようです。

デリケートゾーンに赤みが出た場合のケア方法は?

また下の毛などのデリケートな部分の処理は、浴室で行う女性も数多くいて、処理用のカミソリを浴室に放置しっぱなしというケースが多いようです。けれどもこの放置がダメなんです!ご存知かとは思いますが、浴室は特に湿度も高くて細菌が好む場所でもあります。綺麗に掃除をしている浴室でも、やはり細菌は増えやすく、カミソリにも細菌がたくさん!いつの間にかカビが生えたカミソリで下の毛の処理をしている場合も少なくはありません。
赤みが生じるのも無理のないことですね。更に赤みが生じる原因としては、何度もカミソリを往復させることです。特に毛が太くて剛毛な女性は、なんとか綺麗に剃りたいと、何度も何度もカミソリを走らせているそうです。これではデリケートな下の毛の皮膚が傷ついてしまい、細菌が侵入し、赤みへと繋がるのです。もしも赤みが生じてしまった場合は、まずは一時下の毛の処理をやめて、様子をみるようにしましょう。

 

痒みがあるかもしれませんが、できるだけかきむしらないように、自然に放置しておくのが一番!完璧に治るのに時間はかかるかもしれません。二度と赤みを経験したくないなら、やはり脱毛サロンなどに通い、プロから下の毛の処理をしてもらうのが一番でしょう!光脱毛なので皮膚をそこまで傷つけることもなく、アフターケアまでしっかりしてくれるので、トラブルの少ない下の毛処理が体験できるでしょう。