下の毛のチクチクが簡単に解消できる!

下の毛処理を自宅で行うのが手軽で簡単ですよね。しかし下の毛を自己処理することは良いことよりも悪い事の方が多かったりします。特に下の毛の処理で挙げられるトラブルとしては、下の毛部分のチクチクです。

 

自分で処理をした翌日にはチクチクとした嫌な感じを経験したことがありませんか?仕事中だったり、なかなかトイレに行けないときなどに、下の毛あたりがチクチクすると、どうしても集中できませんね。さてこのチクチク感は何が原因となっているのでしょうか?その一番大きな理由としては、下の毛の処理方法です。

 

例えば自分自信で下の毛を処理する人の中に、ハサミでちょきちょきと切る人がいるかと思います。しかしこの方法では毛先が鋭くとがってしまい、さらには太くなってしまう結果となります。確かに髪の毛に関しても同じことが言えます。自分でばさっと切ってしまうと手触りがまるで違います。このようにハサミでの下の毛処理によって、元々は気にならなかった毛が鋭く太いものへとなってしまい、その毛が繊細なアンダー皮膚に刺激を与えるのです。その結果、あの嫌なチクチク感を感じてしまうというわけです。

下の毛処理によるチクチク感をなくすには

一際女性というものはホルモンバランスによって肌の状態が変化することから、アンダーの肌にも影響します。特に肌が敏感な時は、いつも以上にチクチク感を感じてしまってそれがストレスに繋がることもあります。人によっては肌が弱くて、少しのチクチク感で赤みを帯びたりする場合があります。そして皮膚科に通わなければいけないケースも出てくるのです。

 

こういったチクチク感をなくしたいのであれば、まずはハサミによる下の毛処理をやめましょう!下の毛というものは特にデリケートな部分なので、より安心できる処理方法が望ましいのです。だからこそ最近は多くの女性が脱毛エステなどで下の毛を処理してもらっています。キャンペーンなどで価格もそれほど高くはない下の毛処理も体験できるみたいなので、脱毛エステなどでプロに施術してもらうといいでしょう。

 

もし費用を少しもかけたくないのであれば、自宅でヒートカッターを使って下の毛を処理するといいでしょう。これはハサミとは違って毛先を丸くカットしてくれるので、チクチク感も軽減されると思います。

陰毛脱毛するメリットとデメリットは?

陰毛の脱毛が定番になっていきている今ですが、まだ陰毛の脱毛にふみきれない女性も多いです。陰毛の脱毛をしたいけど、後悔しないかな?やって大丈夫かな?と心配なようです。ではもし陰毛を脱毛したときのメリットはなんでしょう?まずは何といっても清潔感があることです。生理中などは本当に快適に過ごせるでしょう。

 

特にIラインがボーボーだと、生理中に陰毛がからまって痛みがあったり、更には蒸れも起こります。そうするともちろん嫌な臭いだったり痒みも生じますよね。ナプキンを頻繁に交換すれば改善できるかもしれませんが、忙しい女性はそうもいきません。生理中の不快感をなくすために陰毛の脱毛をするという女性もいるくらいです。

 

どんな時も清潔にデリケートゾーンを保ちたいなら、陰毛の脱毛はメリットになるでしょう。更には陰毛の脱毛をすることで女性としての自信が持てるかもしれません。男性もデリケートゾーンがボーボーの女性を見ると残念に思う傾向があるみたいです。せっかくパートナーと素敵な時間を過ごそうと思ったのに、陰毛が原因で最悪な結果になることも!?

 

パートナーのためにも陰毛の脱毛をするという女性もいるくらいです。また水着やショートパンツを履くときも、陰毛の脱毛をしていれば気になりませんね。水着から少しでも毛がはみ出ているだけで、全てが不潔に見えてしまいます。やはり衛生面や女性としての美しさを求めるなら、陰毛の脱毛は大きなメリットとなるようです。

陰毛脱毛をするデメリット

では逆に陰毛の脱毛がデメリットになるのはどんな場合でしょうか。たとえば陰毛の脱毛のためにサロンに通う場合、毛が生えてきても抜くことが禁止されることです。毛を抜いてしまうと次のフラッシュ脱毛は効果がないでしょう。通いはじめの最初のうちは、やっぱりツルツルになるのは難しいので、まだ毛は生えてきます。

 

その生えてきた毛だったり、ジョリジョリ感に我慢できるかどうかが肝心です!ジョリジョリ感やチクチク感に少しでも耐えることができないなら、もしかすると陰毛脱毛はデメリットになるかも。また後のことを考えずに陰毛を永久脱毛してしまった場合、パートナーがドン引きしてしまったとか、友達や家族と温泉にいけなくなったとかいう声もあります。

 

パートナーは陰毛脱毛に対してどんな要望があるのか、また自分が陰毛の脱毛をした結果の周りのことなども考える必要があるでしょう。一緒にお風呂に入らなければいいのですが、デメリットとしてはそいういったこともあるので、よく考えてみることが重要になってきます。

デリケートゾーンをカミソリ負けした時

デリケートゾーンの脱毛をしてみたけど、カミソリ負けがひどいと悩んでいませんか?カミソリ負けってなっちゃうと本当に不快ですよね。赤いブツブツができたり、痒くて痛かったり。もう最悪です。特にデリケートゾーンの脱毛は非常に繊細な皮膚を扱うので、ちょっとした外部刺激に影響を受けやすいのです。

 

よくカミソリで処理をする人は要注意。カミソリ負けが起こりやすい原因とは何だと思いますか? カミソリ負けの原因として、特に多く上がっているのが、デリケートゾーンの脱毛の際に、間違ったシェービングクリームやフォームを使用していることです。ちゃんとデリケートゾーン脱毛専用のクリームなどをつけていますか?

 

そういった専用のものはちゃんと購入することができるんです。面倒くさいからと、手足や顔用のシェービングクリームを使っちゃうとカミソリ負けは生じやすくなるでしょう。また体を洗うボディソープや石鹸を使うのもダメです!なぜならこういった洗浄用のものは肌の油を取り除く働きがあるので、保湿のない乾燥肌にしてしまいます。そんな乾燥している肌にカミソリを当てたら、余計に傷がついてトラブルの元になるでしょう。

カミソリ負けの原因は色々

ほかにも沢山カミソリ負けの原因はあります。例えばカミソリが不潔だったりすることです。大抵の人は入浴時のついでにデリケートゾーン脱毛をするでしょう。毛の後始末も簡単ですしね。ただし、いつも使用するカミソリはどこに置いてますか?まさか浴室にそのまま!?それは危険なんです!

 

浴室は湿気も多いですし、細菌の住処となっています。そんな場所にカミソリを放置していると、いつの間にか細菌がウヨウヨついていて、カビていることだってあります。それも知らずに繊細なデリケートゾーンにそのカミソリを当てることを想像してみてください。今からやめましょう!

デリケートゾーンのカミソリ負けを攻略したい

デリケートゾーンのカミソリ負けを緩和したいなら
では今カミソリ負けで悩んでいる人はどう対策をすればいいのでしょうか?今カミソリ負けで赤くなっていたり、痒みがある人は極力触ってはいけません。とにかく皮膚に負担をかけないことが重要です。まずデリケートゾーンの脱毛は一時おやすみしましょう。そして入浴時はゴシゴシではなくソフトに優しいタッチで洗浄してください。

 

なるだけ皮膚に刺激を与えないことを頭においておきましょう。またできればお風呂につからずにシャワーだけの方がいいかもしれません。お風呂にも細菌はいますので、それが侵入してくるのを防ぐためです。どうしても我慢できない痛みや痒さがある場合は、まずは冷やして症状が治まるのを待ちましょう。

 

それでもダメなら病院へ行くことをオススメします。専用の塗布薬をもらえると思うので、それで治しましょう。一度カミソリ負けを経験したら、二度と同じ過ちは繰り返したくないと思います!カミソリでの処理は極力避けたほうがいいでしょう。