アンダーヘアの自己処理でできる黒ずみの原因って?

アンダーヘアの自己処理によるトラブルの中でも、もっとも多いのが黒ずみとニキビです。いくらムダ毛がなくなっても、肌が黒ずんでしまったり、ニキビがぼつぼつと出来ていたら決して綺麗に処理できたことにはなりません。ムダ毛がはみ出さないというのは女性の身だしなみですが、アンダー部分が汚ければそれはそれで恥ずかしいものなので、原因を知って気をつけましょう。

 

まず黒ずみの原因ですが、これはカミソリや毛抜きなどで、皮膚に強い刺激を与えられることで起こります。アンダー部分は特にデリケートになりますし、ムダ毛の処理ですと毎回同じ部分を刺激するため、メラニン色素が集中して生成されてしまいます。自己処理は定期的に行う必要がありますから、結果的にいつも同じ場所にメラニン色素が大量に発生するので、色素沈着が起こりやすいのです。

 

また、デリケートゾーンは紫外線の影響を受けることはありませんが、その代わり下着による摩擦の刺激が加わります。摩擦にというのも、自分で思っている以上に肌への負担となり、やはりメラニン色素の生成が促進されてしまいます。

 

 

 

 

 

なんでアンダーヘア処理でニキビができるの?

アンダーヘア処理によって出来るニキビは、毛抜きで無理に引き抜くことで毛穴の内部が傷つけられたり、カミソリによって毛穴が傷ついたりすることが原因となります。

 

人間の肌には常在菌というものが存在していますが、普通の状態であれば特に悪影響を与えられることはありません。ですが、アンダー部分は蒸れた状態が続くことが多いため、どうしても雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。毛穴の内部や入口が傷ついてしまうと、蒸れなどによって発生した雑菌が傷口から侵入するため、炎症が引き起こされてニキビが出来てしまいます。

 

毛抜きでもカミソリでも、処理をしてすぐにトラブルが起こることはほとんどありません。しかし、この自己処理を続けてしまうと、肌に蓄積したダメージやそこから発生する雑菌によってトラブルが起きてしまうのです。

 

このようなトラブルを起こさないようにするには、アンダーヘア処理の正しい方法をきちんと学ぶか、脱毛の知識と技術を持った脱毛サロンを利用するようにしましょう。